2012年03月22日

Heavy Designer Report -絵と低温と麺とバイブス-

かんじです

さてさて、
ダンサー、シンガー、プレイヤー、、、
数多の輝けるステージマン達が活躍するWEFUNK

でもでも
実はWEFUNKの抱えるアーティストは彼らだけじゃないんです

ということで
今日はデザイナー"押尾和磨"を紹介

[押尾和磨]
WEFUNKでは、
・イベントパンフレット
・フライヤ、ポスター
・HP
など、WEFUNKのデザイン周りを全て制作

実はWEFUNKではベーシストと、バンドマスターもつとめており
音楽とデザインを同時に描ける貴重な逸材
また、今後WEFUNKの活動拡大に伴い
デザインディレクターとしてのキャリアもスタートする

そのような特性から
WEFUNK以前より
バンドのイベントパンフレットや、CDのジャケット等
音楽にまつわるデザインの仕事を数多くこなしてきた


学生時代は
私や先日紹介したKelpieと同じく
とあるゲトーなファンクサークルに、ベーシストとして所属
ファンクというジャンルで究極までベーステクニックを昇華
さらに同団体の代表もつとめていた

この頃より
デザイナーの仕事をこなしながら
音楽関係の仕事も一手に引き受けるという
千手観音でも猫の手チョーダイするような膨大なタスク量の中で
不眠不休の生活を送り続けている


そんな彼は、かく語る
「今な、エンターテインメントはルネッサンス期に突入しとんねん、
甘えたこと抜かしてたら時代の流れにすっぱ抜かれるわ!」


ちなみに好きな食べ物は
クノールの"コーンポタージュ"

そして今夜も2:00から
私とスカイプ会議
アーメン


。。。
いやはや
彼についてはどうしてもデザインの話から脱線してしまう

それではいかんので、
最後に彼の作品をいくつかピックアップして紹介!!


[daft religion under ground]

daft religion under ground.jpg


[jazz aftermath]
jazz aftermath.jpg


[WEFUNK 2010 パンフレット]

works_100529_pamphlet_1s.jpg



[CD Jacket]
works_kawamoto_sample1-4.jpg


[おまけ年賀状]

20110205_shirota.jpg
タグ:押尾和磨
posted by Kancy at 23:08| Comment(0) | pick up artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。