2012年03月20日

Heavy Singer Report -Kelpieという女-

かんじです。
だいたいぼくです。このブログ。

今日はある一人のシンガーを
さらっと紹介
※何回かに分けて紹介する事になるかと〜

IMG_0540.JPG

[Kelpie(ケルピィ)]
幼少期よりジャズ・ロック・ポップスなどの音楽に触れ、
ティーネージャーの頃より、R&B、soul、funkに傾倒。

大学進学に際して上京をすると、
ナンチャラ・モダン・ナンチャラという素行の悪い
ドFunkサークルに 足を踏み入れたが最後
ウスバ・グルーヴ・カゲロウの幼虫に引きずり込まれ
気づけば周りはブラックミュージックモンスターだらけ

底をブラさず活動を続け
その歌声/生き方/カリスマ性で
今や、ジャパニーズ女性シンガーの女王に君臨せざるを得ないポジションに到達
あとは君臨するだけ

さて、
今回も意味不明な紹介になってしまったので
動画を見てください↓↓↓


こちらは去年の"5/14WEFUNK"のライブ映像ですHeavy Reportの時もそうでしたが
最近では女性の黄色い歓声が飛ぶ様になってきたりして
同性からモテるって、まさにこういうことかと
感心したり。

彼女を世に出すことに、半ば使命感を感じている今日この頃で御座います

だらだらと紹介していてもラチがあかないので
それはまたの機会に


彼女、ソロのCD発売してます

IMG_0791.JPG

『For Your Delight EP』
力強くもスウィートなKelpieのサウンド・セラピー。
JBM等を手がけたLuigerとKIZASHIBEATSのトラックワーク、
Kelpie自身によるオリジナルのリリック、
双方ともに高い完成度でまとめられた全7曲のソウル・テラピー。
とりあえず聞いてください(by カンジマン)
(cloud 8 / 1500円)


彼女はソロ以外の活動も盛ん
また、WEFUNKではたくさんのdancerから指名を受けて共演をし
クリエイティブな演出の原動力となっています


しかし
その辺の紹介は、また今度という事で
WEFUNK以外のライブ告知も
次の機会にします

今日は一先ず
Heavy Reportの写真を公開〜

0196_wf_120310.jpg

426049_383600611652885_100000088499053_1476373_1762369364_n.jpg

0340_wf_120310.jpg

0428_wf_120310.jpg

以下、オマケもあるよ

IMGP0966.JPG

P5080696.jpg


posted by Kancy at 22:14| Comment(0) | pick up artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。