2012年10月12日

これだ!と思える、求めていた理想型

かんじです。

最近は大阪レッキンや、TEENS DANCE@PIECE
先日のDANCE@HEROのKAORIさんの活躍などのストリートダンスイベント。

さらにあずみちゃんのライブ。

心揺さぶられるショーをたくさん見ていたにも関わらず、
忙しや忙しやと豚みたいなことを抜かしながら、
ブログでのレポートをさぼっておりました。。

しかし、
今日は超・衝撃をくらいまして、
書かずにはいられなくなっております!!

下矢印1下矢印1下矢印1

Beat Buddy Boi

SHOCK LIVE

@CLUB CITTA'


まじで衝撃でした。。。。。
一体何にそんなに衝撃を受けたって??


簡単にいうと、
ストリートダンサーが、ライブを成立させていたこと

言い換えると、
強力なファンがついているのに、ストリートダンスとしてかっこいいまま

という衝撃。


これは、
ミュージシャン畑出身で、
ストリートダンスのイベントをたくさん見てきた私には、
とても印象的なことです。


ストリートダンスのイベントを見ていていつも思うこと、
「ライブになっていない…」

嵐・ラルク・ミスチル・ドリカム・少女時代・AKB・大好きな安室ちゃん。。。
これらポップス第一線のミュージシャン。

彼らは、音楽性どうこうじゃないんです。
ライブとして盛り上がり、会場全体が蠢くのです。

その空気が揺らぐような感覚を、ダンスのイベントでは感じられたことがなかった。

むしろWEFUNKは、生バンドという切り口でそれが実現出来ないものかと模索しているところです。


しかし今日、
その衝撃が走ったのは、なんとBBBが登場するよっぽど前、
自分が会場入りする前のことでした。

クラブチッタの数十メートル手前から、
オープン前のエントランスに山のような人だかり(行列)が出来ているのを見えた時に、
ピーンと感動の予兆が背筋を迸る。

ショーが始まってからの鳴り止むことのない歓声が興奮を煽り、
BBBの一挙手一頭足に会場が呼応し、幸せに満ちるライブハウス。


ずっと見てみたかった、「ダンサーによるライブ」を目の当たりにした心地でした。


BBB一人一人、
ダンサーの想いの強さ。
リーダーakihicoさんが、メンバーと掲げた夢。

そして何より。
人生賭けている裏方「アノマリー」のみなさんの覚悟。
ダンサーに想いを託す強い意志。

それらがメディアに乗って世の中に伝わり。
人が集まる。
そこでかけがえのない、音楽というライブが生まれる。


ストリートダンスは未完成の業界ですよね。
だからこそ、
彼らのような存在はだと思います。


ラストのMCで、akihicoさんが、
「ぜひs**tkingzのライブも見に行ってください!」
と言った時、久しぶりに心から拍手をしてしまいました。

ぼくは、面白い漫才を見たり、感動的なドラマを見た後は素直に拍手をできますが、
かたやライブイベントではその素直なまま臨むため、
逆に滅多に拍手をすることはありません。
音楽や演説、ダンスで人の心を動かすのは、それほど難しいことだと思っています。

でもakihicoさんのその想いには、
「その通りだ!!」と、
完全に共感してしまいました。

BBBだけじゃないし、
BBBだけじゃだめ。
それだけじゃ、この業界は躍進出来ない。
そして、
ストリートダンサーは夢を見られなくなってしまう。

それはつまり、
WEFUNKで輝くミュージシャン達の夢さえも失われかねない。

シーンを築くのは、そんなに簡単じゃないはず。

みんなが足を運び、
みんなで「イイものをイイ!」という。
その文化を創っていかなければいけない。


だから、
メディアを通してストリートダンスを押し出すBeat Buddy Boi、
そして全てを支えるアノマリーを、
私は心からリスペクトしようと、改めて思いました。

特に、
元ダンサーという立場にありながら、
全力で裏方に身を投じているアノマリーの皆さん、
風当たりはこれからもどんどん強くなるばかりだと思いますが、
突っ走り続けてもらいたいです。

ところで、
私はその風になってる人自体は、
何を言っても自由だと思うのですが、

風に当たろうとしない「裏方」の人間達。
未来を描かずにイベントを興すオーガナイザ。
私は認めません。

ようは私は、くそくだらないイベントが大嫌いです。
ディスりに死ぬほどビビってもいいから、
オーガナイズするんなら、少なくとも自分の命は賭しましょう。


それとついでに言わせてもらうと、
裏方と演者を両立させようと思っている人の、
裏方の人間に対する舐め具合に心から腹が立っています。

人を信頼すること。
人に託すこと。

聞こえが美しいだけで、
自分に返ってくるのは、「みっともない」というネガティブの塊。

実際そこには、落ちこぼれた醜い自分がいるのです。
情けなくも負けを認めた自分がいます。

そんな自分を受け入れることがどれだけ苦しく、
どれだけ空しく、
そして託した想いが、一体どれだけ強いのか。

別にわかってくれなくていいけど、
つまらないイベントは、
開催しないで欲しい。


とはいえまずは、勉強ですね。

勉強をせずに力を行使しても、
人の心は動かせません。



というわけで、
途中からいいたい放題でしたが、、、

Beat Buddy Boi
そしてアノマリーさん。

今日は最高のライブを、
本当にありがとう御座いました。



かんじ
posted by Kancy at 00:34| Comment(0) | event report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

I AM FOR YOU!! FASHION REPORT vol.3

衣装の美波です。お待たせしました!!

I AM FOR YOU!! FASHION REPORT !!

第3段〜!!すっかり長くなってしまいましたが、これで最後です!!

最後は華やかなシンガーたちの衣装を中心にお届け!大公開でございます!

今、そのために、また12000枚の写真と格闘してました。
いい写真があり過ぎて困っちゃうのです。

ほんとうに全曲分ご紹介したいんですが、また終わらなくなってしまうので(泣)
私が完全に個人の趣味でぐっときた衣装たちを紹介したいと思います!

まずこちら!

高橋あず美ちゃん♪♪
azumi wired act1.JPG azumi wired act1 (2).JPG

azumi wired act3.JPG


wiredのときです。
UAの情熱に雰囲気がぴったりで、本当にステキでした。

このワンピースはあず美ちゃん本人が用意してくれたものなんですが、
なんと偶然にも私が仕事で担当しているセレクトショップのもの!
リハーサルのときに発覚してあまりの偶然に興奮でした。

お店行ったときつい気になっちゃいましたね。
私も買ってしまおうか。。。と。笑

アクセサリー使いも素晴らしくかわいくて。。。

そして、さらにこちら。

azumi zabugo act1.JPG

このスタイリング、今回のWEFUNKの中で一番お気に入りです!
zabu&GOのときの衣装。

azumi zabugo.JPG

あず美ちゃんはとっても小柄なんですが、バランスの取り方とかが、
非常に、異常に、うまくて、着こなしがほんとにステキなのです。

歌はもうご存知の通り、もちろんもちろん素晴らしくて、
パワフルにステージ上を動き回るあず美ちゃんから目が離せませんでした。

さてお次はこちら!

kelpie&azumi.JPG

楽屋前で待機中のKelpie高橋あず美嬢。
これは秋吉朝子ナンバーの衣装です。私も出演してました♪

手に持ってるものが気になりますが、、、気にせずいきましょう。

ステージ上の様子がこちら!

azumi asako act3.JPG

azumi asako act3 (2).JPG

さっきとはがらっと雰囲気が変わって大人スタイルなあず美ちゃん!

kelpie asako act2.JPG

そして抜群の存在感のKelpie

2人ともダンサーの衣装とも雰囲気がばっちり合っていて、
同じ作品を作り上げている一体感を感じました。

そうなんです。
それがWEFUNKのシンガーの衣装のおもしろいところだと思うんですよね。

ダンサーの衣装は、曲や全体のコンセプトと一貫してダンサーが考えていますが、
そこに合わせながらも、華があって、個性があって、存在感のある洋服。

Kelpieはですね、それが本当に上手で、、、

何曲出ているのかわからないくらい出番が多いですが、
衣装はほとんどぜんぶ本人が用意していまして。
本番何日か前に、全曲分の写真送ってきてくれたんですが、何も言うことなんてないのです。
にやにやしながら写真みてただけでした、私。

そしてそれがダンサーと一緒に舞台に立ったときに、
抜群の存在感を放ちつつ、一体感があってかっこよくはまって。

ま、とにかくご覧あれ〜!

クロコダイル+T.Y.K
kelpie crocodile act2.JPG

kelpie croko act1.JPG


kelpie croko act2.JPG

WEFUNK LOCKERS
kelpie lockers act3.JPG


Kelpie lockers act3 (2).JPG

TOKYO☆SMITH
kelpie tom act1 (2).JPG


kelpie tom act1.JPG

Buck Brand +gravitiE +Montesquieu
kelpie masaharu  act3.JPG


ね。


そして唯一、1曲だけ、お手伝いさせてもらった衣装♪
septembre
Kelpie act3.JPG 

05176_wf4_i_s.JPG

お花つけただけなんですけど、
個人的に好きな感じなので、作るのすごく楽しかったです♪
ダンサーのみんなが花柄のジャケット着ていて、
そのお花が1つ飛び出してきたみたいなKelpieになりました。

ドレスからTシャツ姿までいろんなKelpieが見れるWEFUNK、いいですね〜。

個人的にお気に入りは、
kelpie ending act2.JPG

このエンディングのとき!頭に巻いたアフリカの布がバンドともお揃いでした♪


さてさて、少し話変わりますが、すみずみまで衣装も凝っていたナンバーが、
Kaoru率いるgwisp-dmc
chichiro kaoru act1.JPG  chihiro kaoru act1.JPG
ChihiroのヘッドアクセはKaoruの手作りだそう。
ダンサーと同じGAGA様サングラスをかけ、
masaharu kaoru act1.JPG
Masaharuも。

jevenile kaoru act2.JPG
そしてJuvenileくんまで

00375_wf4_i.JPG

さすがでした!


女性陣の紹介ばっかりになってしまいましたが、
実は男性陣ボーカルたちも衣装を何度もチェンジしてました!

なかなか今回はお手伝いできた衣装が少なかったんですが、
少しだけご紹介。

Act1〜3まで、エンディング前の大トリを務めていました、
虎徹くん
kotetsu act1 (2).JPG

kotetsu act1 (3).JPG
アースカラーでまとめまして、
ダンサーもベージュや白で統一だったので、優しい感じに仕上がりました。
このパンツ、ラビットファーがポケットについてて実はすごくかわいいです。

虎徹くんの歌、本当に聞き惚れました。かっこよかったです。

素晴らしい方々のお手伝いができて、
私もとっても勉強になりつつ、楽しかったです!
もしまた機会があればぜひ一緒に考えさせてくださいねー。

Masaharuのようなスタイルも勉強しないとne。
masaharu act3.JPG


さて、本当に長くなってしまいました!
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ダンスと音楽はもちろん、
音楽とファッション、ファッションとダンス、
どれも切っても切り離せない関係だと、個人的には思っています。

全てが刺激しあって、可能性は無限大ですね。


ということで、最後になりましたが、
最後に、どうしても、これだけは載せたい。

ど〜ん

ブラスタact3.JPG


またいつか書くかもしれません。ブラスタレポートを。

美波でした!

posted by Kancy at 03:31| Comment(1) | event report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

I AM FOR YOU!! FASHION REPORT vol.2

こんにちは、衣装の美波です。

さて、 I AM FOR YOU!!  FASHION REPORT!!
続き書きます!

バンドメンバーいきましょう!

愛する問題児たち。

今回バンドメンバーの衣装テーマは、


Sound in the
end of the Summer

地平線の向こうに沈む、太陽のオレンジ。

生い茂るツタの葉の緑。

野生的で力強く、でもどこかあたたかい。

夏の太陽をいっぱい浴びてきた色を、
音に乗せて会場いっぱいに届けられますように。

「はっ、そういえば、こんなこと言ってたかも!」
って思ったメンバー、いますね。
いいんです、こんなテーマでやっておりました。
もはやなかなか伝わらないところがやりがいにつながっております。笑

IMG_0264.jpg

4月ぐらいに見つけた、この写真がかっこよくて、実現したかった世界観です。

そして、探すこと数ヶ月、なかなかイメージのものがなく、時間もせまってくる中、

「もうこれは作るしか〜」
スーパー無理言って、お友達のデザイナーにお願いして、作ってもらいました!!

じゃじゃん!!

2012-08-29 23.06.37 (1).jpg

キーボード、ヘリコくんです。

世界に1枚のジャケットです。
生地渡してから1週間ちょっとで仕上げてくれて、、、家に届いたときは感動><
写真じゃ見えにくいですが、ボタンも木のボタンで本当にステキなんです。
サイズもぴったりでした。ゆうちゃん、本当にありがとう。

ステージでもとっても映えてました!
ending kyebord act3.JPG

私もネクタイやらの小物を作って、
なんとかどうにか全員分(たぶん)の衣装に目を通してむかえられた本番。
ACT1の開始10分前まで小物作ってましたね。笑
手ふるえました。

どどっと紹介します!
バンドメンバーたちの当日の様子です。

oshio act3.JPG

kosugi act3.JPG

masaka act2.JPG


shacho act3.JPG


horn act3-2.JPG

horn act1.JPG


percus act2.JPG

全員分載せられないのが残念ですが、

みんなACT1から、回を追うごとに、個性が出てきて、
ACT3のオープニングで幕が上がったときは、じーんとしました。

そして、トークボックスのJuvenileくんです。
ご自分でアフリカのカンガを準備してくれてました!かっこいい!
juvenile act2.JPG

押尾くんバンドサイド!
個性的なメンバー勢ぞろいでステキです!
horn act3.JPG

band act3.jpg

小杉くんバンドサイド、コーラスメンバー。
全員色が統一されててきれい!!
choras act2 (2).JPG

バックヤードも少しだけご紹介。

gakuya1-2.jpg
コーラスのひとみちゃん(左)、ゆっこちゃん(右)
ACT1の衣装です。
ゆっこちゃんのワンピース、真っ白だったワンピに、
バンドの小物とおそろいの生地を使ってアレンジさせてもらいました♪

shacho act1.JPG

ACT1終了後。
パーカッション笠井くん(左)と、トランペット(ホーン隊リーダー)社長(右)
社長だと、アリなことが多いですね。
毎回ドキドキするんですが、なぜか社長がいると安心できます。

そして最後!
yoshie band act1.JPG


Act1の終了後、ゲストのYOSHIEさんを囲んで。
左から社長、押尾氏、YOSHIEさん、Kelpie、マキさん。
この写真好きです。


バンドメンバーで終わってしまいました!

今、vol.3まで書いていいという許可おりましたので(笑)
ステキなボーカリストたちの衣装、次回またご紹介してゆきます!

美波

ラベル:I AM FOR YOU
posted by Kancy at 00:00| Comment(0) | event report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。